Now Loading...

Now Loading...

施工店経営に毎日苦しんでいませんか?

エクステリアは分かるけど植物は苦手 園芸は分かるけどエクステリアはよく分からない うちの会社の利益率は適切なんだろうか? 悩みを相談できる相手が身近にいない 社員にどうやって教育していけば良いんだろう? 成功している会社の秘訣を教えてほしい etc.

同じ悩みや苦しみがあるのなら、ガーデンサービス研究会はうってつけです。

研究会で積極的に学んでいけば、業界第一線のノウハウが身に付き ワンランク上のステージに 到達できます!
僅かな負担で大きな成果が得られます! 月会費 会費は準会員・正会員問わず 月額 15,000円(税別) ※月会費以外に入会金8万円(税別)が必要となります。
よくあるご質問
ガーデンサービス研究会はどんなグループですか? どんなメリットがありますか?
ガーデンサービス研究会は、全国のガーデン&エクステリア施工店がそのノウハウを結集し、「1社だけでは不可能なこと」を実現して造園業界の近代化を図るべく、2011年2月に設立されたVC(ボランタリーチェーン)です。

2022年2月で第12期を迎え、会員は全国42社。年間80億円の事業規模を誇ります。
 「エクステリアはわかるけど植物はわからない」
 「植物はわかるけどエクステリアはわからない」
 「1社だけの努力では限界を感じている」
 「他社のやり方を見てみたい」
このような経営者の方は、ぜひ『庭の学校』=ガーデンサービス研究会へいらしてください。

経営を安定させるビジネスモデル。熟練者のノウハウを体系化した12のマイスター認定試験制度。第一線で活躍する店舗の経営手法や、植物の生産現場、美しい庭園の作庭者・管理者の神髄に触れられる様々な研修会。最新鋭のITを駆使したデータ共有ネットワーク、営業支援ツール。合同求人、植物や資材の共同購入・流通。

そして、エクステリア&ガーデンブランド『庭ch』で、新たな顧客の獲得を。
ガーデンサービス研究会は、あなたの会社をワンランク上に導きます。
業界の他のグループとの違いは何ですか?
ガーデンサービス研究会は「業界で最も見聞を広められる施工店グループ」です。

年間スケジュールもご参照ください。かなりの頻度でさまざまな研修会や全体会議を行っています。

業界では「特定のメーカーの売上のみに注力したグループ」や、「半分飲み会が目的のグループ」もありますが、研究会は毎回本気で学びに取り組んでいます。開催地が観光地であっても見向きもせず、その日のテーマに没頭して研修や実習を行っています。

そのテーマも毎回多岐にわたります。事実、年間の研修会に積極的に参加したメンバーには、「入会から数年で売上げを倍増させた会員」や、「他社の手法を参考にして自社の仕組みをガラっと刷新した会員」がいます。
学習や職業訓練に特化したグループなのですか?
確かに12のマイスター認定試験制度など、積極的に学習・職業訓練のイベントを設けていますが、それは研究会の一面に過ぎません。

2022年には研究会のサービスブランド「庭チャンネル」のWEBサイトをリニューアルオープン。より積極的に設計デザイン・施工・メンテナンス案件を受注できるよう、仕組み作りをしています。

「庭チャンネル」への出店は規定のマイスター認定試験合格を条件としており、試験合格者には地域のニーズを任せられる技能・経験を有すると認定された"一流のガーデナー"の証、「Area Keeper専用ノベルティ」を授与しています。

お客様へのステータスアピールもバッチリです。研修会でしっかりと学び、会社を成長させてください。
Takashoリフォームガーデンクラブとの違いはなんですか?
リフォームガーデンクラブ(以下RGC)は、タカショーが事務局を務め主催するグループであり、その企画進行は全てタカショーが行っています。会員は案内された研修会に参加し、ノベルティやガーデンリフォームローンなど、与えられた特典を享受しています。庭ブロなどの例外はありますが、基本的に「タカショーが主体で、会員は受動的なグループ」です。

ガーデンサービス研究会は、事務局こそタカショーにお願いしていますが、方針決定や研修会企画、広告広報、会計監査など、運営は会員から選抜された「理事会」が行っています。「施工店が主体となって企画運営している点」がRGCとの違いです。

また、ガーデンサービス研究会ではRGCよりも「会員の主体性や積極性」が求められます。「自分の会社で口を開けて待っていれば有益な情報や資料が手に入る」というものではありません。

コロナ以降はオンライン研修会も増やしておりますが、年間さまざまな内容を盛り込んで企画案内される研修会や全体会議に参加して、会員と交流することで多くのことが得られます。

出不精な方は入会をオススメいたしません。
誰でも研究会に加盟できますか?
準会員の入会基準は以下の通りです。

◎ガーデンサービス事業の趣旨に賛同し、意欲的に運営する法人組織であること
◎当会事業を継続して発展させる意欲を持っていること
◎創作型の施工店であること
◎既存顧客を大切にし、メンテナンスやアフターフォローを積極的に推進できること
◎積極的に勉強し、かつ習得するだけでなく、他の会員にも習得した技術、知識を教授する意欲を持って
 いること
◎タカショーリフォームガーデンクラブ(RGC)の会員であること

法人格を持ち、「庭を学びたい」という意欲と、他の会員と仲良くできる協調性があれば十分です。
RGC会員でない方は、研究会入会と同時にRGCにも入会いただきます。

※入会申し込み後、理事会による審査があります
入会金や月会費が高く感じて気後れするのですが。
研究会は他のグループに比べると、若干高めの会費設定になっていますが、現在研究会の集まりに参加している会員で、会費を高いと思う者はいません。

研究会では、会費+交通費+宿泊費を払って参加してもらうだけの価値があるものを提供していると自負しています。

また、研究会と会員は「業者とお客様」の関係ではありません。理事・会員を問わず、研究会のメンバーは対等に同額の会費を納めています。集めた会費は会員から選抜された「理事会」が管理運営し、しかるべき価値を会員に還元します。

ちなみに理事会・事務局は無報酬です。あなたの支払う入会金や月会費は、結局あなたのために使われます。
経験が浅く、会社も小さいので、既存の会員さんと交流していけるか不安です。
どのような施工店が加盟していますか?
研究会の会員は、「従業員2・3人で年商2千万」の会社から「従業員数十人で年商10億」の会社まで、多様な施工店が加盟しています。

業態としても、いわゆる「ガーデン・エクステリア施工店」としてエクステリアが主体の会社や、「ガーデンセンター」として園芸店が主体の会社、建築や店舗設計・海外案件を手掛ける会社、店舗運営をせず庭の手入れが主体の会社など、多岐にわたります。

あなたの会社がどのような状態であれ、「立場や考え方を理解して、悩みを共有できる仲間」や、「一歩先に進んだ視点から的確なアドバイスをしてくれる先輩」に出会えます。

また、定例で開催されている「店舗経営研修会」では、実際に会員の運営している店舗を訪問して見学することができ、経営者から具体的な手法や考え方を学ぶことができます。

研究会は、学習意欲とある程度の協調性がある方に、常に門戸を開いています。安心してご参加ください。
年間すべての研修会に参加しなければいけないのですか? 宿泊・交通費の負担が心配です。
「2月の総会」 「春と秋の全体会議」はなるべく出席してくださいとお願いしていますが、その他の研修会やイベントは任意参加です。

研究会では「会員が参加するだけの価値がある」という確信のあるものだけを企画・案内していますが、自分に必要だと思うものに参加いただければ大丈夫です。

コロナ以降はオンライン開催の研修会を増やしており、比較的近距離の会員が集まる「エリア会」も各エリアで年2回開催しています。こちらは従業員の方も参加しやすくなっています。

施工店経営に毎日苦しんでいませんか?

エクステリアは分かるけど植物は苦手 園芸は分かるけどエクステリアはよく分からない うちの会社の利益率は適切なんだろうか? 悩みを相談できる相手が身近にいない 社員にどうやって教育していけば良いんだろう? 成功している会社の秘訣を教えてほしい etc.
SuccessStory 私の成功体験をぜひ是非聞いてください! ファームガーデン株式会社代表取締役 飛田正樹 1967年生まれ。大学時代の住友林業緑化でのアルバイト従事をきっかけに、設計施工をメインとする造園会社に就職。2003年茨城県下妻市に帰郷、個人邸をメインとしたガーデン&エクステリア専門店「ファームガーデン」を創業。2012年に法人化、モデルガーデンを併設した来店型ガーデンショップとして地域密着のサービスを開始。研究会入会後、積極的に会員との交流・情報交換を行い、そのノウハウを活用して売上・従業員数を倍増させた。
経営者の孤独… 私もかつては「ひとりで悩む経営者」でした。営業・提案・現場管理etcをひとりで全部まわして、早朝から深夜まで働き詰めでも大した売上は上がらず。ちょっとしたクレームでも右往左往していました。社員は定着せず、組織を作り上げるノウハウもなかったので、常に自分自身がプレイヤーであり、自分の時間・体力の限界がそのまま会社の限界という状況でした。
研究会への入会を機に急成長 そんなある日、知人に誘われてガーデンサービス研究会に入ったことで、状況が一気に変わりました。研究会に所属する経営者の人たちは、自分たちのノウハウを惜しげもなく教えてくださり、全国での研修や懇親会で交流している内に、最先端の手法や考え方が身についてくるのを感じました。今では社員数3倍、売上2倍の地域No.1の会社に成長でき、自社だけでなく地域振興の一端を任される立場となったのです。

同じ悩みや苦しみがあるのなら、ガーデンサービス研究会はうってつけです。

庭channel Garden Service庭チャンネル https://niwachannel.jp そして、全国の優良店のみをセレクトしたお庭のサービスグループ「庭チャンネル」への出店。“一流のガーデナー”と認定された証「AreaKeeper専用ノベルティ」をあなたに。
研究会で積極的に学んでいけば、業界第一線のノウハウが身に付き ワンランク上のステージに 到達できます!
僅かな負担で大きな成果が得られます! 月会費 会費は準会員・正会員問わず 月額 15,000円(税別) ※月会費以外に入会金8万円(税別)が必要となります。
よくあるご質問
ガーデンサービス研究会はどんなグループ
ですか? どんなメリットがありますか?
ガーデンサービス研究会は、全国のガーデン&
エクステリア施工店がそのノウハウを結集し、「1
社だけでは不可能なこと」を実現して造園業界
の近代化を図るべく、2011年2月に設立された
VC(ボランタリーチェーン)です。

2022年2月で第12期を迎え、会員は全国42社。
年間80億円の事業規模を誇ります。
 「エクステリアはわかるけど植物はわからない」
 「植物はわかるけどエクステリアはわからない」
 「1社だけの努力では限界を感じている」
 「他社のやり方を見てみたい」
このような経営者の方は、ぜひ庭の学校』=ガー
デンサービス研究会へいらしてください。

経営を安定させるビジネスモデル熟練者のノウ
ハウを体系化した12のマイスター認定試験制度
第一線で活躍する店舗の経営手法や植物の生
産現場美しい庭園の作庭者管理者の神髄に触
れられる様々な研修会最新鋭のITを駆使した
データ共有ネットワーク営業支援ツール合同
求人植物や資材の共同購入流通。

そしてエクステリア&ガーデンブランド『庭
ch』で、新たな顧客の獲得を
ガーデンサービス研究会はあなたの会社をワ
ンランク上に導きます
業界の他のグループとの違いは何ですか?
ガーデンサービス研究会は業界で最も見聞を
広められる施工店グループです

年間スケジュールもご参照くださいかなりの頻
度でさまざまな研修会や全体会議を行っています

業界では特定のメーカーの売上のみに注力し
たグループ半分飲み会が目的のグループ
もありますが研究会は毎回本気で学びに取り
組んでいます開催地が観光地であっても見向
きもせずその日のテーマに没頭して研修や実
習を行っています

そのテーマも毎回多岐にわたります事実
間の研修会に積極的に参加したメンバーには
入会から数年で売上げを倍増させた会員
他社の手法を参考にして自社の仕組みをガラっ
と刷新した会員がいます
学習や職業訓練に特化したグループなの
ですか?
確かに12のマイスター認定試験制度など積極
的に学習職業訓練のイベントを設けていますが
それは研究会の一面に過ぎません

2022年には研究会のサービスブランド庭チャ
ンネルのWEBサイトをリニューアルオープン
より積極的に設計デザイン施工メンテナンス
案件を受注できるよう仕組み作りをしています

庭チャンネルへの出店は規定のマイスター認
定試験合格を条件としており試験合格者には
地域のニーズを任せられる技能経験を有すると
認定された"一流のガーデナー"の証Area
Keeper専用ノベルティを授与しています

お客様へのステータスアピールもバッチリです
研修会でしっかりと学び会社を成長させてく
ださい
Takashoリフォームガーデンクラブとの違い
はなんですか?
リフォームガーデンクラブ(以下RGC)は
カショーが事務局を務め主催するグループであ
その企画進行は全てタカショーが行ってい
ます会員は案内された研修会に参加しノベ
ルティやガーデンリフォームローンなど与えら
れた特典を享受しています庭ブロなどの例外
はありますが基本的にタカショーが主体で
会員は受動的なグループです

ガーデンサービス研究会は、事務局こそタカ
ショーにお願いしていますが方針決定や研修会
企画広告広報会計監査など運営は会員か
ら選抜された理事会が行っています施工
店が主体となって企画運営している点がRGC
との違いです

またガーデンサービス研究会ではRGCより
会員の主体性や積極性が求められます
分の会社で口を開けて待っていれば有益な情報
や資料が手に入るというものではありません

コロナ以降はオンライン研修会も増やしておりま
すが年間さまざまな内容を盛り込んで企画案
内される研修会や全体会議に参加して会員と
交流することで多くのことが得られます

出不精な方は入会をオススメいたしません
誰でも研究会に加盟できますか?
準会員の入会基準は以下の通りです

◎ガーデンサービス事業の趣旨に賛同し意欲
 的に運営する法人組織であること
◎当会事業を継続して発展させる意欲を持って
 いること
◎創作型の施工店であること
◎既存顧客を大切にしメンテナンスやアフター
 フォローを積極的に推進できること
◎積極的に勉強しかつ習得するだけでなく
 他の会員にも習得した技術知識を教授する
 意欲を持っていること
◎タカショーリフォームガーデンクラブ(RGC)
 の会員であること

法人格を持ち庭を学びたいという意欲と
他の会員と仲良くできる協調性があれば十分です
RGC会員でない方は研究会入会と同時に
RGCにも入会いただきます

※入会申し込み後理事会による審査があり
ます
入会金や月会費が高く感じて気後れするの
ですが
研究会は他のグループに比べると若干高めの
会費設定になっていますが現在研究会の集ま
りに参加している会員で会費を高いと思う者
はいません

研究会では会費+交通費+宿泊費を払って参
加してもらうだけの価値があるものを提供して
いると自負しています

また研究会と会員は業者とお客様の関係
ではありません理事会員を問わず研究会
のメンバーは対等に同額の会費を納めています
集めた会費は会員から選抜された理事会
管理運営ししかるべき価値を会員に還元します

ちなみに理事会事務局は無報酬ですあなた
の支払う入会金や月会費は結局あなたのため
に使われます
経験が浅く会社も小さいので既存の会
員さんと交流していけるか不安です
どのような施工店が加盟していますか?
研究会の会員は従業員23人で年商2千万
の会社から従業員数十人で年商10億の会
社まで多様な施工店が加盟しています

業態としてもいわゆるガーデンエクステリ
ア施工店としてエクステリアが主体の会社や
ガーデンセンターとして園芸店が主体の会社
建築や店舗設計海外案件を手掛ける会社
舗運営をせず庭の手入れが主体の会社など
岐にわたります

あなたの会社がどのような状態であれ立場や
考え方を理解して悩みを共有できる仲間
一歩先に進んだ視点から的確なアドバイスをし
てくれる先輩に出会えます

また定例で開催されている店舗経営研修会
では実際に会員の運営している店舗を訪問し
て見学することができ経営者から具体的な手
法や考え方を学ぶことができます

研究会は学習意欲とある程度の協調性がある
方に常に門戸を開いています安心して
ご参加ください
年間すべての研修会に参加しなければいけ
ないのですか?
宿泊交通費の負担が心配です
2月の総会 春と秋の全体会議はなるべく
出席してくださいとお願いしていますがその他
の研修会やイベントは任意参加です

研究会では会員が参加するだけの価値がある
という確信のあるものだけを企画案内していま
すが自分に必要だと思うものに参加いただけ
れば大丈夫です

コロナ以降はオンライン開催の研修会を増やし
ており比較的近距離の会員が集まるエリア
も各エリアで年2回開催していますこちら
は従業員の方も参加しやすくなっています